So-net無料ブログ作成
検索選択

フィジー滞在記Ⅴ【トレジャーアイランド】

5日目*12月6日(水)


我家にしては珍しく、良い天気が続いている。
これまでに、一度、スコールがあったが、
それも、夜、寝付いてからだった。

朝、雲が多くても、昼前には青空が広がり、
太陽がキラキラと照りつける。

こんなに天気の良い旅は、初めてかもしれない。
フィジーは相性がいいのかも…なんて、勝手に思ったりする母。


さて、この日、なんとなくパパの体調が芳しくない。

朝食後、いつものようにプールで遊び、その後、海へ。


遠浅の海を沖まで出る母。
水中撮影もだいぶ慣れてきて、この日は魚をターゲットにしてみた。












いやいや、難しいのである。
じっとしていてくれない魚たちは、
いつの間にか、カメラモニターの外にいる。
そして、少し追いかけると、すぐにサンゴの陰に隠れてしまうのだ。

しばらくして、パパと息子に合流する。
すると、「寒気がするから、あがる。」と、パパ。
いったん、引き上げていった。

息子と、もう一泳ぎして、部屋へ戻ることにする。

ビーチマットハンモックで、日向ぼっこをしているかと思ったのだが、
パパの姿が見えない。
部屋へ入ると、布団に包まって、悲痛な声を上げるパパが…。

「熱が…、39度…。」

「えっー!!」

そう。
ここで、パパのフィジー旅行は、幕を閉じてしまったのである。


とにかく、日本から持参した解熱剤を飲み、
水分補給をして、様子を見ることに。

そして、腹が減った、母と息子は、とりあえず(?)ランチへ。

毎日、この道を抜け、レストランへ。

プールを目にすると、入らずにはいられない息子。
ランチを待つ間も、一泳ぎ。
足がつかなくても、もう全く怖がる様子はない。
近くで見ている母がいれば、一人で楽しく泳いでいる。

しかし、まぁ、なんと元気なことか。

だが、元気なのは、息子だけではない。
母も、である。

ランチ後、もう1本、息子と一緒にシュノーケル。

そして、カヤックに初挑戦。

二人乗りカヤックの前に息子、後ろに母。
見ていると簡単そうなのだが、意外に難しい。
なんとなく、前に進んでいるような?
右に左に揺れながら、よれよれと漕いでいく。
少し沖に出ると、「転覆したら、どうしよう。」と、急に不安になる母。
さっさと、退散するのであった。


部屋に戻り、パパの様子を確認する。
状態は変わらず。


その後、息子念願の、パターゴルフへ。


蚊が多いのが、やや難点ではあるが、
木陰で涼しく、小さい子も楽しめるのである。

12H、ナイス(?)インした息子。
気を良くして、お昼寝。


息子とパパが眠っている間、
ハッピーアワーのバーへ出かける母。
ローカルカクテルを飲みながら、夜風にうたれる。
でも、一人じゃ、やっぱり淋しいね。


『トーチ・ライティング・セレモニー』を見たあと、
部屋へ戻り、息子と食事に出かける。

ようやく、写真に収めた、本日のディナー。

おススメの一品、魚料理。
この島で食した料理の中で、一番!と、思う母。
パパにも、食べさせてあげたかった。

そして、この日も、最後は一緒に歌い、踊る。

スタッフの笑顔が、いつでも優しく温かく、嬉しい。


部屋の戻ると、苦しそうなパパが。
頭痛がひどいらしく、夜な夜な、うなされていた。
汗をかいても、氷で冷やしても、一向に熱は下がらず。

日頃の疲れが、出たのだろうか。
何か、悪い病気に罹ったのだろうか。
一晩、様子を見ることにする。


nice!(1)  コメント(3)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 3

yworfutig

旅行先での病気は大変ですね。
1人で熱と戦うパパさん。なぜか1人暮らしの私は共感を感じてしまいました。あの時寂しいんですよ。
それにしても、食べすぎじゃないのだろうかと、フィジーの人達のおなかを見ながら、mugi一家を心配する私でした。
それにしても、水中写真うまいですね。
by yworfutig (2006-12-17 00:10) 

kokoro-love

おはようございます

水中撮影すごく上手く撮れてますよね
たいしたもんだ
パパのお熱がチョッと気になるけど
息子さんもそんなこと気にせず遊び続ける
チョッとは気にしてあげたら・・・
by kokoro-love (2006-12-17 08:11) 

mugi

クレマチスさん
体調が悪くて、眠るなら、やっぱり家が一番…ですね。
食事も睡眠もままならず、苦しかったと思います。
それにしても、私と息子は、良く食べていました。
もちろん、体重増でした☆

kokoro-loveさん
水中撮影、とっても難しいです。
褒めていただいて、ありがとうございます。

息子は、高熱のパパに、甲斐甲斐しく氷で冷やしてあげたりしてました。
もちろん、大好きなパパのこと、いつも気にかけていましたよ!
by mugi (2006-12-18 09:37) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。